理念・沿革 | ゴミ袋、ポリ袋等の製品なら株式会社ジャパックス

理念・沿革

企業理念

独自のノウハウでニーズに迅速に対応し、すぐれた製品を社会に提供し続ける。

 ジャパックスは1998年の創業以来、ポリエチレン製品を多くのお客様に提供してきました。 原料となるエチレン価格の高騰、業界の激しい価格競争を経験しながら、現在まで好調に成長を続けることができました。 その成長を支えたのは、精力的に展開した、アジアを中心とした製造工場との提携。 製造を海外工場に一任し、自社では企画・品質管理を徹底。そうすることでコストを抑え、 上質で安価な商品をお客様にお届けすることができました。

 また、提携先工場と当社を結ぶIT化の推進により、求められるデザイン・品質・納期等の情報伝達のスピードが格段に向上し、 変化し続けるお客様のニーズに迅速に対応することが可能となりました。 さらに、各地の流通センターの整備など流通関係の開発にも余念はありません。 このように常にお客様の声に的確に応え、ジャパックスは成長を続けています。

 今後も培われた独自のノウハウを活かし、迅速に、的確にお客様のニーズに応えていきます。 「汎用ポリエチレン製品」という既成の枠にとらわれることなく、まさにグローバルにその活躍の場を拡げ続けるジャパックス。 その成長は様々な業界を巻き込み、開拓し、まだまだとどまるところを知りません。

沿革

1998年 8月 千代田区東神田1-4-8にて創業 資本金1500万円
1999年 10月 資本金3000万円に増資
2000年 7月 イトーヨーカドーと直取引開始
2000年 9月 資本金4500万円に増資
2000年 12月 日本通運中央ターミナル内に配送センターを移転
2002年 3月 中国より輸入開始
2002年 4月 名古屋営業所開設
2003年 8月 名古屋配送センター開設
2003年 11月 つくば物流センター開設
2004年 4月 日本通運中央ターミナル配送センターを1200坪に広げる
2006年 7月 大阪営業所開設
2006年 11月 神戸流通センター開設
2007年 9月 シンガポール現地法人設立
2009年 4月 ジャパックス龍ヶ崎物流センター開設
2011年 8月 ジャパックス東京物流センター開設
2011年 8月 ジャパックス大阪物流センター開設
2011年 10月 日本通運中央ターミナルセンターとつくば物流センターをジャパックス東京物流センターへ移転
2011年 10月 神戸流通センターをジャパックス大阪物流センターへ移転
2013年 7月 東京都台東区浅草橋2-26-12へ本社移転 
2014年 9月 福岡営業所開設 
2015年 2月 ジャパックス福岡物流センター開設
2018年 11月 創立20周年記念式典を開催
2019年 5月 大阪物流センターを移転